第九回 それが倅の選択か……
... 続きを読む
スポンサーサイト

やっとこさ行ってまいりました神田神保町の古本まつり。正式には「東京名物神田古本まつり」というとか何とか。今年で通算五十七回を迎える、本好きにはたまらない秋の一大イベントです。
本日はせっかくツイッター始めたんだし、ということで古書店街でよく通うお店の紹介をしながら歩き回りました。が、そっちの方に手一杯で、肝心の古本まつりの紹介が出来なかった始末。そんなわけで、こちらのブログにて簡単にレポートしようと思います。

古本まつり期間は10月28日から11月6日までの十日間(ツイッターでは今日が四日目と書きましたが間違いでした。スミマセン)。いつもは広々とした靖国通りの歩道沿いに提灯や旗が飾られ、青空見本市と称して本の籠や棚がずらりと並びます。まさに圧巻。古本独特の臭いが通りに広がり、異空間に踏み入ったかのようです。人も普段よりごったがえすので、正直歩きにくい感じになりますが、それはそれ。盛り上がりを楽しみましょう。
期間中は古本に関連した各種イベントも開催。神保町へ初めて来た、とおいう方々への配慮か、MAPの無料配布やガイドブックの販売なども積極的に行っています。何せ200以上の古書店がひしめく神保町なので、初見の人はどこへ行けばいいのかわからなくなること必須でしょう。かくいう私も長年神保町に通いながら、その半分もお店を把握していません。
客層はやっぱりご年配の方が多い感じ。まぁ、売ってるものが古書ですからね。外国人のお客もチラホラ。
印象としては、やっぱり沢口書店の付近が一番混雑してます。ツイッターでも紹介しましたが、比較的一般受けする古書を扱っているお店です。お値段も安く、店員さんの接客ぶりとかもアグレッシブなのも、人が集まる理由でしょうか。普段以上にセールを行っている店もあり(一方で、イベントなんか知らん顔で通常営業してるような店もありましたが(笑))、私も中国関連の書籍をいくつかゲット。毎回掘り出しものに出会えるから、神保町通いは飽きません。
本好きの方は参加してみて損の無いイベントです。是非どうぞ。