次回刊行予定の作品について、さらに情報追加です。



短編
円明園 中国小説短編集 二」
…今回の作品集のタイトルは、清代でも有名なバロック式建造物「円明園」にしました。
特に前回の作品集との法則性とかはありません。三文字で語呂が良く、人目を引きそうなのでこの名前に(本当に語呂が良くて人目を引くかどうかは……スミマセン)

内容は清代、唐代、宋代の短編になります。

長編
「侠風在天涯」シリーズ。明代万歴期を舞台とした武侠ものです。武芸十八般、自惚れ・文無し・遊び好きの三癖揃いの風狂な遊侠、曲長江の活躍を描いた作品。

 今回は二冊刊行(したい)。
「江南悲歌」
「雪海仇探」

 物語の詳細についてはまた後程。

 
また、毎度お世話になっている「関東文芸サークル連盟合同誌」には中華民国期を舞台にした中編小説を載せさせていただきました。
今後もどんどん追加していきます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryunohige5884.blog.fc2.com/tb.php/19-46388aa6