第七回 どいつもこいつも裏切者ばっかりだ!



・孫堅は兵の大半を失いながらも、かろうじて劉表の包囲を突破し、国へ逃げ帰った。

・連合軍も瓦解し、じり貧気味の袁紹。公孫瓚へ、韓馥が治める豊かな冀州の地を奪おうと提案。しかしこれは計略で、公孫瓚が進軍してきたら、袁紹は冀州を守る名目で韓馥に近づき、土地を奪うつもりだった。

・結果として、韓馥側から申し入れがあり、袁紹はまんまと冀州を得る。その後、袁紹のもとへ公孫瓚の使者として弟の公孫越がやってくる。
「領地分ける相談したいんだけど」
「いーよ。じゃあお兄さん呼んできてよ」
 言われるまま帰って行く公孫越。ところが途中で董卓軍を名乗る武将に殺されてしまう。もちろん董卓軍などではなく、袁紹本人がしむけた兵だった。

・しかし公孫瓚も馬鹿ではない。袁紹が陰謀で領地を独り占めするつもりだと知り、早速軍を率いて進軍。が、袁紹側の顔良・文醜によって敗北を喫する。危うく殺されかけたところを、趙雲なる若者に救われた。彼は袁紹に仕えていたが、その非道なやり方に憤慨し離反してきたのだった。

・再度袁紹軍との戦い。今度は趙雲の加勢で一進一退の攻防となった。そこへ劉兄弟率いる一軍が参戦し、均衡を打ち破る。袁紹・公孫瓚は兵を引いて戦いを終わらせた。その後、両軍は睨み合いの膠着状態。

・李儒はそんな両雄の状況を知り、調停から使者を出して和平の仲介をしてはと董卓に提案。董卓に否やはない。ちょうど長期戦になっていた袁紹・公孫瓚は渡りに船とこれに応じた。

・劉美と趙雲は出会った時から互いに感じ合うところがあった。いつかの再会を近い、その場は別れるのだった。

・袁術は冀州を得た袁紹に近づいたが、、相手にされなかったのでプンスカ。その後劉表にも接近したがまたしても無視される。ブチ切れた袁術は孫堅をけしかけて劉表を襲わせる。

・孫堅は巧みな戦術で劉表軍を撃破。さらに追撃をかけようとする。

・劉表側の勇将・呂公は一計を案じて孫堅を罠にかける。勇猛果敢に戦った孫堅だが、全身に矢を浴びて戦死した。それにより、江東軍は総崩れになる。

・孫堅に従って出陣していた息子の孫策は、父の亡骸を何とか持ち帰ろうとする。折しも、劉表軍の武将・黄祖を生け捕っていたので、彼を利用して父の亡骸と交換させようとするが…。

小言
董卓が健在の状況にも関わらず、仲間割れを始める連合軍が描かれる。群雄割拠は中国乱世の常だが、その有様はやっぱり読んでいて苦々しい。今回は各群雄の立ち回りが見物。策略が際立つ袁紹・袁術と、彼らに振り回される公孫瓚や劉表、群雄の争いを利用して立場を守ろうとする董卓などなど。乱世において脳筋は通用しない、というシビアな事実もはっきり示されている。
後半は孫堅の子らも初登場。三国志演義は魏と蜀の活躍に内容が偏っており、呉の面々はかなり影が薄い。今回以降、すっかり空気になっていく。

気になる英雄達
袁紹…諸侯の離反でぼっちになり、あくどい手段で冀州を獲得。セコイ。
顔良・文醜…袁紹配下屈指の精鋭。公孫瓚をあっさり倒し、彼の配下も次々に討ち取る。趙雲に対しても互角に渡り合ってみせた。第五回でも華雄の強さを前にした袁紹が「顔良か文醜がいれば楽勝なんだけどなぁ」とぼやいている。その名前から顔良=イケメン、文醜=ブサイクみたいな言い方をされることがあるがやめてあげよう。
韓馥…冀州の主。だがヘタレ。反董卓連合軍にも参加していたが空気だった。
袁術…今回の黒幕。交渉に応じてくれなかった逆恨みで孫堅と劉表を戦わせる。狭量すぎる。
劉表…袁術に踊らされて孫堅と戦う。初戦は敗北したものの、優秀な部下のおかげで最終的に勝利。
公孫瓚…袁紹の卑怯なやり口に激怒して挙兵。悪い人じゃないんだけど、とにかく弱い
趙雲…公孫瓚の危機に颯爽と登場。劉備とは出会ってすぐ敬慕の念を抱くが、具体的な信条描写は無いのでそこらへんは読者の想像が膨らむところ。
劉備・関羽・張飛…公孫瓚に加勢。袁紹を圧倒する。相変わらず強いのは結構だが、そのせいでかえって印象も薄い。
孫堅…勇猛さが仇となって死す。享年三十七歳。その後は年若い息子達が継ぐことになる。
孫策…孫堅の長男。父と共に戦うが、目立った活躍は無し。
孫権…孫堅の次男。今回は顔見世程度。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryunohige5884.blog.fc2.com/tb.php/248-38fb761a