五月七日開催の「第二十四回文学フリマ東京」の参加をお知らせします!
中国好きな方もそうでない方も是非お越しください。

二十四回予告

新刊①
新装版「中国短編小説集 一」
毎度お馴染み、中国短編小説集がリニューアル。六篇収録。漢から文化大革命期まで、中国の色んな時代を描いた短編集です!
収録作品一覧
「仕えるべき人」…漢代。大将軍・衛青とその甥、霍去病の物語。
「王朝の後継者」…五代十国期。唐を滅ぼした朱全忠は悪夢に悩まされていた。そこに現れたのは聶隠娘と名乗る剣仙で…。
「小さい煩妹」…元代。家族からも村人からも疎まれている小さな娘、煩妹。そんなある日、彼女の村を蒙古人が襲撃してきて…。再録作品。
「手に入れられないもの」…明代。科挙受験のため上京した二人の若者。試験をきっかけに、彼らは全く別の運命をたどりだす。
「口琴(ハーモニカ)」 …中華民国期。漢口では日増しに抗日運動が叫ばれていく。主人公の丁安遠は、隣家から聞こえるハーモニカの音色に好奇心を持っていたが…。再録作品。
「壇上の悪意」 …文化大革命期。文革の波が押し寄せ、虐げられる知識人達と、階級闘争を繰り広げる醜い人々のお話。再録作品。
80P・頒布価格¥500‐

新刊②
「中国古典妓女列伝」
前作「中国古典侍女列伝」に引き続き、今回は中国妓女の文化習俗や、古典文学の有名な妓女をご紹介! あなたもきっと中国古典が読みたくなるハズ!
100P・頒布価格¥1000‐
販促用_web

その他、一部既刊も取り揃えてあります。
それでは皆様、当日にお会いしましょう!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryunohige5884.blog.fc2.com/tb.php/271-2129c688