--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_08
21
(Mon)00:50

コミティア121 レポート


ミティア121が無事終了しました。
参加者の皆様、大変お疲れ様でした。拙ブースにお越しいただいた方々、誠にありがとうございます。
以下、簡潔ながらアフターレポートさせていただきます。

相変わらずの微妙な天気にくわえ、コミケの一週間後ということもあってか、全体的に参加者が少なめな一日だったのではないでしょうか。終日落ち着いていたような印象があります。
先日のコミケでは初参加ゆえ期待があったぶん、売り上げの少なさにはガッカリしたものですが、今回はいつも売れないコミティアなのでのんびり身構えて参加できました。我ながら情けない前向きさですが。とはいえ、予想したより売り上げはずっと良かったです。総数14冊。毎年着実に増えてるんで喜んでいい…のか? そもそもコミティアは一年に一回しか参加しないので、リピートが来たとしても絶対機会ロスしてるような。
コミケの時はさっさと買ってさっさと立ち去ってしまう方が多かったのですが(イベントのスケールが大きいですし、それが買い手のノーマルなスタンスなのでしょう)、コミティアではある程度落ち着いてトークが出来たのも嬉しかったです。ブログを見て来てくださった方もチラホラ。あるいは見たいとおっしゃってくれた方も。最近は封神演義の新訳も刊行が決まったし、どんどん中国古典好きが増えてくれると有り難い。
歴史ブースで中華ものを扱っているサークルさんは少なめでしたが、コミケでは見かけなかった顔ぶれもあり、幾つか購入させていただきました。コミケ分と合わせて、気に入ったものがあれば姉妹ブログでご紹介したいなと考えています。
また、以前からジャンルを歴史→文芸に移動しようと考えていたのですが、今回まわってみてやっぱり歴史ジャンルにいる方がいいかな、と再認識。文芸ブースの列は雑駁過ぎて、しっかり自分の作品のカラーを出す工夫をしないと埋もれる可能性が高いです(まあ扱ってるものがニッチすぎるから、カラーを出してる自信は大いにあるけど)。だったらわかりやすい歴史ジャンルに居座った方がいいかなーと。他サークルさんと交流もしたいし。

改めまして、本日はお疲れ様でした。
次回もまた別のイベントでお会いしましょう。

今後の参加イベント
第五回文学フリマ大阪
テキストレボリューション 第六回

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。