第十七回 曹操「部下は使い捨てるもの」


・国力もあり、古のアイテムである玉璽も手にしていた袁術は、とうとう天下統一の野望に向けて動き出す。「わしは皇帝になるぞ!」と演説するも、部下の方は「お、おう…」と微妙な反応。でもめげない。とりあえず、前回呂布の娘との縁談がおじゃんにされたので、そのうっ憤晴らしに討伐軍を組織。徐州攻めを開始した。

・袁術の大群に慌てる呂布。陳宮は陳珪・陳登の二人のせいでこんなことになったのだとなじるが、陳親子は「袁術軍は烏合の衆」なので内紛を起こせばあっさり倒せると進言。呂布はそれに従った。

・大挙してやってきた袁術軍だが、既に陳登が韓暹や楊奉といった将を味方へ取り込んでいたので、いざ戦が始まると呂布軍に圧倒される始末。おまけにかねてから袁術と怨恨のあった劉備軍も、関羽率いる軍勢を差し向けてきた。袁術はボコボコにされ、天下統一の計略も初っ端から頓挫してしまう。

・しかし、こんなことで野望を諦められるはずもない。袁術はあろうことか江東の孫策に支援を要請。玉璽を奪われたことを根に持っている孫策は当然拒否。そんな時、曹操のもとから「一緒に袁術ぶっ潰そうぜ」と書状が。孫策は張昭と協議して、曹操と組んで南北から袁術を挟み打ちにする計画を立てた。

・こちら曹操。孫策の返書に従い、軍を指揮する。もののついでと、劉備や呂布にも支援を要請。かくて東西南北から攻められた袁術は、籠城して敵を防ぎつつ、自らは金銀財宝を手に逃亡した。

・曹操はいつまでも敵の城を落とせないのでイライラ。十七万の軍も兵糧不足で士気が低下していく。中には曹操を露骨に批判する者も。見かねた兵糧担当の部下・王垕が曹操へ進言。
「ご主君、兵糧が不足して兵士達に満足な量が届きません。いかがしましょう」
「兵糧を配る升を小さいものにして誤魔化しとけよ。しばらく何とかなるだろ」
「はぁ……兵士が不満に思うのではないでしょうか。もしばれたら大変ですよ」
「そんときゃわしに考えがあるから」
 とりあえず命令に従う王垕。案の定、兵士達は兵糧の配給が減ったので不満爆発。曹操を露骨に非難する者まで現れた。再び王垕が曹操へ状況を報告。
「兵士達は怒っております」
「そうか。ではみんなの怒りを鎮めるために、お前の首を寄越せ
「ファッ?」
 曹操は問答無用で王垕の首をぶった切り、さらし者にした。その横にはこんな文句が。「王垕は勝手に升を小さいものへ取り換え、配給すべき兵糧を盗んだ。軍規違反により処刑した」なんと曹操、兵糧の滞りを全部王垕の仕業にして押し付けてしまった。が、これで兵士達の怒りは一時的におさまる。曹操は三日以内に城を攻め落とすよう命令を出し、自らも戦に参加。士気を取り戻した曹操軍は城の守りを打ち破り、籠城していた袁術軍を徹底的に叩きのめした。

・逃げた袁術を追撃しようとする曹操だったが、荀彧にいさめられたのと、劉表・張繡の連合軍が領土を侵してきたこともあって撤兵を決意。帰り際、劉備に声をかけ「陳珪親子と協力して呂布のバカを抑え込んでくれ」と依頼した。

・曹操が帰還すると、李傕と郭汜の首が献上されてきた。また李傕の一族郎党二百人が捕虜となって連行されてきた。曹操は彼らを根こそぎ処刑。その後、天子の名のもとに張繡討伐軍を組織して都を出発。折しも刈り入れの時期だったが、曹操の行軍に怯える百姓達は畑を捨てて逃亡する始末。これではいかんと、曹操は将校から兵卒に至るまで畑の作物を傷つけたら斬首にすると厳名。ところがどっこい、命令を出した曹操本人の馬が暴れて、畑の麦をうっかり踏みつぶしてしまう。

・罰として自分の首をはねると言い出すが、部下に制止されて取り止め。首の代わりに髪を切り、しめしをつけた。曹操の行いを見た兵士達は、あえて軍旗を破ろうとしなかった。

・張繡のもとへ到達した曹操軍は早速攻撃。応戦する張繡だったが敵わず、やむなく籠城戦に。曹操はすぐさま堀の埋め立てを開始し、敵城を視察して守りの弱そうな部分から攻め込むことを計略。

・一方、城内では張繡の前に賈詡が進言。「曹操軍の策がわかりもうした。わたくしが奴の裏をかいて撃退してやりましょう」

次回を待て!


小言
あっという間に打ち砕かれる袁術の野望。家柄と玉璽と軍勢はあったが、あとは勢いばかりで人望も無ければ天下統一への綿密な計略も無い。そんなわけでこの後はすっかり没落していく。
そんな袁術と対照的に冴えまくっている曹操。厳しい軍紀と恐怖で部下をコントロールし、勝利をものにする。そこでは効率と合理性が重んじられ、兵士なんてただの道具。だから「とりあえず場をおさめるために死んでくれ」なんて話になる。まるで社員を使い捨てるブラック企業のワンマン社長だが、これも一つのリーダーシップであることは間違いない。ついていく部下はたまったもんじゃないだろうけど。ただ、曹操はパフォーマンスもうまい。袁術戦では自ら戦闘に参加して兵士を手伝ったり、張繡討伐戦でも自らの首をはねようとしてみせたりする。先頭に立って物事を仕切る姿勢、規律を自ら守る姿勢、そういうところがあるから、部下も何だかんだでついていくのだろう。

気になる英雄達
袁術…野望のために動き出した途端、東西南北から襲撃されるという憂き目に遭う。そもそも戦略の第一手が徐州攻めだった時点で大間違いな気が。
呂布…今回は諸方の協力もあり袁術を撃退。でも相変わらず好かれていない。そして陳珪親子の面従腹背作戦にも当然気が付かず。
孫策…袁術の支援要請を蹴り、その後袁術を攻撃。まあそりゃそうなるわな。
劉備…袁術に嫌がらせをさせられていたこともあって、ここぞとばかり関羽を差し向ける。機を見逃さない能力、いいね。
曹操…冷徹なリーダーシップぶりが光る。それ以外にも、劉備を使って呂布を抑え込ませたり、張繡討伐時には天子の名前を借りたり、色んなところで抜け目が無い。
王垕…今回の犠牲者。曹操には一応「お前が死んだら家族の面倒は見るからさ」と言われて殺される。いやそういう問題じゃないっす。
李傕・郭汜…首になって登場。李傕は段煨、郭汜は伍習に殺される。 段煨は李傕の一族を捕虜として連行してきた。一度は仲良く天下をとった二人も、最期は実に寂しい。
張繡…曹操とは因縁の仲。劉表と共に手薄になった曹操陣営へ進撃したが、早速反撃を食らって窮地に陥っている。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryunohige5884.blog.fc2.com/tb.php/293-14d23ee5