第十八回 まずはゴキブリ退治といこうではないか


・賈詡は曹操軍撃破の戦略として、城の一角をわざと手薄にしておき、そこへなだれ込んできた敵を伏兵で一網打尽にすることを提案。張繡は早速これを実行。果たして、曹操軍はその罠へまんまと引っかかり、大敗を喫してしまう。

・逃げる曹操軍を追跡する張繡・劉表だったが、今度は曹操側が罠を張っており、逆に撃破されてしまう。その後も何度か戦ったが、結局双方に損害を出しただけで、決着はつかず。曹操は袁紹が許都を攻める計画を立てていると聞き、急ぎ帰途につく。

・今後の動きについて臣下と協議する曹操。郭嘉は袁紹よりも徐州の呂布が当面の脅威であると進言。曹操もその考えに同意し、劉備と組んで呂布討伐を計画する。

・一方の呂布。毎日宴会でどんちゃん騒ぎ。陳珪親子のおだてにのって彼らを重用していた。陳宮が度々、陳珪親子はきな臭いのであまり心を許すなと警告するが、かえって呂布に怒鳴られる始末。そんなある日、見慣れぬ使者が領内をうろついていたのでこれを捕らえたが、その使者の持っていた密書を開いてみると、劉備から曹操あての返信が。
「どーも曹操さん。実は呂布を殺すチャンスをうかがってるんだけど、うちは兵も少なくて迂闊には動けないんだ。曹操さんが挙兵してくれるなら、もち協力するよ!」
 激怒する呂布。
「おのれ曹操、俺を騙したな! 許さん!」
 すぐさま兵を集めて、劉備と曹操のもとへ送り込む。

・高順率いる軍勢が押し寄せてきたと聞いた劉備は、急使として簡雍を曹操のところへ向かわせつつ、自らは部下と共に防備をかためた。関羽は張遼と対峙し、相手が忠義に厚い武人だと知って密かに敬服の念を抱く。

・簡雍の知らせを受けた曹操は、大軍を組織して呂布討伐に向かう。高順はその勢いを見て撤退。しかし夏候惇の軍勢とぶつかり、これと一騎打ちで戦うことに。優勢だった夏候惇だが、不意に飛来してきた矢に左目を射抜かれてしまう。力任せに矢を抜くと、なんと目玉まで抜けてしまった。
「これは我が両親の血肉。捨てるわけにはいかん!」
 よくわからん理屈で、その目玉を飲み込んでしまう夏候惇。そして自分の目を射た敵将・曹性のもとへ突っ込み、これを討ち取る。それを見た高順は全軍で一斉に襲いかかり、曹操側は抗しきれず敗走。さらに呂布の軍も到着したので、一気に劉備達のいる陣営へ進軍開始。
 どうなる!

小言
呂布討伐回前編。各地に群雄が並び立つ中、その存在を危険視された呂布に曹操の矛先が向かう。実は呂布って天下統一のような大きい野望を持ってないし、放っておいても問題無いはずなんだけど、無駄に高い武力、誘導とか計略にすぐ引っかかるので操られやすい、何をしでかすかわからないといった危険要素が多い。そんなわけだから、真っ先に討伐の標的となってしまう。呂布にしても、身を守るための対策を多少なりとも立てておけば、狙われることも無かったのだろうが……。とりあえず、呂布最後の奮戦に期待しよう。

気になる英雄達
曹操…毎度真けっぷりが豪快な男。そしてしぶとく生き延び、最後にはやり返す。亡き典韋を思い出して泣くシーンが印象的。
荀彧…曹操配下。これまでは劉備の存在が脅威であると主張していたが、今回の呂布討伐にあたっては劉備と手を組む(というか利用する)よう曹操に進める。劉備の強さもちゃんと認めているのだ。
郭嘉…曹操配下。「袁紹が曹操に勝てない十の理由」を演説し、主をご機嫌にする。毎回思うがおべっか使いだよな。
夏候惇…曹操配下。高順を一騎打ちで追いつめたが、曹性の不意打ちで左目をやられる。しかしその状態で曹性を殺害し、さらに高順軍とも戦う猛将ぶりを見せた。弟は全然出番なし。
呂虔・李典・干禁…曹操配下。今回はやられ役。呂虔など手傷を負ったまま呂布戦に参加し、再び敗北する酷い扱い。
張繍・劉表…何気に曹操を二度も窮地へ追い込んでいる。まあこれも本人達の実力と言うよりは、軍師である賈詡のおかげか。
賈詡…有能な張繍の軍師。押しては引く戦略で曹操を打ち破る。
呂布…毎日宴会三昧でだらけきっていた。本人は別に大きな目標も無いし、目先の幸せが手に入っていれば満足なのだろう。戦になるとやっぱり強い。
高順…呂布配下。夏候惇へ一騎打ちを挑むも敗北。しかし戦いには勝利した。
張遼…呂布配下。忠義心溢れる正義感。実力も高い。関羽と心を通じ合わせた。ジャンプ漫画的な展開だなぁ。
陳宮…やる気なしでおバカな呂布にすっかり幻滅。さっさと立ち去っちゃえばいいじゃん。
劉備…表向きは呂布に従順だが、実は殺意マンマン。その見事すぎる立ち回りの神髄はまた次回にて。
関羽…張遼が戦わず撤退したことに対して「私の説いた正義が彼の心に通じたのだ」とコメント。わかるようなわからんような…。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryunohige5884.blog.fc2.com/tb.php/294-e8bf02c7