第十回 恨みがあり病気があり



・金栄ママは息子が侮辱されたので、秦鐘の姉である可卿へ訴えることに。

・が、生憎相手は病気。弱った相手に文句を言うわけにもいかないね。しおしおと退散。

・寧国邸のみんなは秦可卿の病気のことで心を痛めている。

・医者の張先生がやってきて、何やらごちゃごちゃと理屈を並べて秦可卿を診察した。

次回に続く!

小言
金氏と尤氏の長談義、張先生の長ったらしい台詞が非常に退屈な第十回。話自体にも大した動きはない。だがよく読み込むと寧国邸の複雑な家庭環境が見えてくる。


寧国邸の人々達
金母子…賈家カーストの前に為すすべもなく退散。
賈珍…寧国邸の主・賈敬の息子にして惜春の兄。妹とはかなり年齢差がある。
尤氏…珍の奥さん。嫁のことをやたら持ち上げているが…。
賈蓉…秦可卿の夫。出番少なし。
秦可卿…今回のキーパーソン。第五回でも登場。賢く貞淑な性格で、かつ美人。寧国邸のみんなから愛されている若嫁。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryunohige5884.blog.fc2.com/tb.php/70-dd6aa363