2014_07
27
(Sun)02:54

紅楼夢 第十五回

第十五回 尼さんとヘッヘッヘ


・北静王は宝玉君が気に入った模様。贈り物まであげちゃう。

・秦可卿の葬式後、城外の寺へ棺を預けに行く一行。途中で農家に立ち寄り休息。宝玉達の豪勢な姿にポカーンとする農民。宝玉も宝玉で、農家の畑道具を珍しがって感心している。農家の若い娘さんと接したりして、気分はさながら博物館見学。

・鉄檻寺に着くと、秦鐘君の思い人、若い尼さんの智能ちゃんがいる。宝玉はにやりとしてからかう。「見ろよ秦君、お前の大好きな智能ちゃんだぜ。いつの日だったか二人でいいことしてましたよねえ」「し、知らないよう…」赤らむ秦鐘。

・煕鳳は寺の老尼から、知り合いの金持ち張家の婚礼トラブルに関して頼みごとをされる。忙しいが、とりあえず引き受けてやる煕鳳。

・晩になって、秦鐘君は智能ちゃんと逢引きするが、そこへ宝玉登場。「おやおや君たち、お楽しみですねえ」。逃げ出す智能、頼むから見なかったことにしてくれと頼みこむ秦鐘。
宝玉「もちろん見なかったことにしてあげますけど、フッフッフ…」
その晩、二人に何があったのかは誰も知らない…。

小言
農家の娘さんと宝玉のやり取りは微笑ましい。
それはともかくとして、宝玉と秦鐘の怪しさ大爆発の回。本文では明らかにならないのだが、どう考えてもこの二人は……いや、やめよう。しつこいけど紅楼夢はあくまでプラトニック小説なんだ(震え声)

要チェキな人物達
賈宝玉…怪しい。いやらしい。農家の鋤や鍬を見て珍しがるあたり、さすが金持ちのぼっちゃん。畑道具を見て古詩の文句を連想するあたり、やっぱ地頭はいいらしい。
秦鐘…宝玉の親友。智能に対しては積極的だが、そのために宝玉から金玉を握られる羽目に。
二番ちゃん…宝玉が立ち寄った農家の娘。原文では「二丫頭」。ニュアンスとしては二番姉ちゃん、みたいな感じ。あくまで呼び名なので本名不明。宝玉との絡みは面白い。
智能…今回のヒロイン。以前の回で惜春と遊んでいる。秦鐘とのやり取りを見る限り、還俗願望ありらしい。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック