五月一日の第二十二回文学フリマに参加しました。参加者の皆様お疲れ様でした。簡単ではありますが、本記事にて内容をご報告させていただきます!
... 続きを読む
5月1日開催の第二十二回文学フリマ東京へ参加しますのでお知らせを。

新刊
「毒の香」 
頒布価格¥500‐
中華風昼ドラ長編小説です! 今まで昼ドラ好きを公言しながらなかなかそれらしいものを刊行していなかったので、今回刊行させていただきます。

既刊も併せて販売予定です。


東京予告

では、当日お会いできるのを楽しみにしております!
さる10月10日に開催された文章オンリー同人誌即売会Text-Revolutionsに一般参加してきました。
以下、簡単にレポートを。
... 続きを読む
9月20日開催の第三回文学フリマ大坂が終了しました。ブースへ遊びに来て下さった皆様、本当にありがとうございます。そして新刊落として大変申し訳ありませんでした。
以下、簡単にレポートを。
... 続きを読む
9月20日開催の第三回文学フリマ大阪に参加するので、お知らせを。

初っ端に大変申し訳ないのですが、
新刊落としました。
本当に申し訳ないです。当日唾でも吐きかけてやってください。


文フリ大阪 予告

ブース番号はD-27です。
当日は前回の東京文学フリマの新刊及び既刊を持っていきます。
ちなみに短編集の1,2および「侠風在天涯 江南悲歌」は部数残りわずかです(ようやくかよ、という気がしなくもないですが)。
当日、中国好きの方々にお会いできるのを楽しみにしております!
ではでは。
... 続きを読む

いよいよコミティア113が一週間前に迫ったのでお知らせします。
文学フリマ以外だと初めての同人イベントなので、今からドキドキです。オリジナルオンリーとはいえ、コミティアはあんまり売れないとか聞いています(どのあたりの数を指して売れないと言ってるのかようわからんけど)…というかそもそも漫画ですらねーよ。
一応、このブログを初めて見たよ、という方のために告知しておきますと、サークル「龍の髭」は中国のあらゆる時代を舞台にオールジャンルで小説創作を行っています。メジャーなものからマイナーなものまで、とにかく中国ものが好き、という方は是非お立ち寄りください。
いろんな不安はさておいて、当日お会いできるのを楽しみにしております。
*ブース番号間違えてました! すみません。修正しました。


コミティア予告


ブース位置は「く30b」入り口を左手に向かって進んでいただき、くの歴史ジャンルブース列が見えたら、その三番目のブースになります(多分。配置図で確認したけど初めてなんでチョット自信無し)。

当日頒布のライナップは下記です。
・「中国短編小説集」1~5…中国を舞台に古代から現代まで、歴史・ファンタジー・ミリタリー・武侠なんでもありのオールジャンル短編集です。各200円、約40p。

・「侠風在天涯 江南悲歌」…中国明代が舞台のオリジナル武侠小説。9月の文学フリマにて新装版を発売するので、旧版はこれが最後になります。700円、160p。

・「中国古典侍女列伝」…中国の有名古典小説に登場する素敵な侍女キャラクター達をご紹介。これを読めば、あなたも中国古典に触れたくなるハズ! 700円、76p。

・「中国古典小説便覧」…邦訳されている中国古典小説全般を、まとめてご紹介! 簡単ながら中国の小説史もついてます。100円、22p。

では皆様、当日お会いしましょう!
第三回大阪文学フリマ 刊行予定作品

コミティアにて新刊は出さない予定ですが、第三回文学フリマにて新作刊行予定。

オリジナル武侠小説「侠風在天涯」シリーズ
・「江南悲歌」新装版
・「雪海仇探」新装版
・「天下第一槍・常州大火・戚家軍遺児」new!

最近、武侠小説熱が戻ってきたので、以前に刊行した作品の新装版に加え、シリーズの新刊を出すことにしました。
新刊は四万字のお話を三編収録予定です。
他にもなんか出したいけれど、考えていない…。というか、大阪文フリ終わったら小説賞にいそしみたいです、ハイ。

8月30日開催のコミティアの参加案内書が届きました。これでとりあえず一安心。
さすがに大きなイベントだけあって対応も丁寧です。案内書送付に際して、事前にメールまで送ってくれました。

文フリ以外では初参加のイベントだけに今からワクワクです。
ブース位置は歴史ジャンルの端っこです。入り口に近かったのがちょっと嬉しい。
ワタクシのサークルに関しての詳しい案内は、また近日中にお知らせしようかと思います。
文学フリマからはや一か月が経とうとしております。

実は文フリの後、5月5日のコミティアに足を運んできました(きっかけは文フリ当日にお隣だった幽翠街道様に触発されて)。
これまで創作イベントは文学フリマオンリーだったのですが、コミティアの歴史コーナーに中国史関連の創作の多いこと!
すっかり魅了されてしまい、同時に「これは参加せずにはおれん!」と気合満々で帰ってきた次第。
現在は戦利品をむさぼり読みつつ、コミティアの参加準備を進めております。
5月5日のコミティアは物凄い人の数で、人ごみ好きな私はそれだけでウキウキでしたが、夏はどうやら来客者数が減る傾向にある模様。まああれだけジャンル分けがしっかりしていると、お目当て以外のところを回ろうという方も少ないのかな。
まあコミティア初参加なので、まずは雰囲気を掴んで同じ中国史好きの方々と交流を深められればいいな、と考えております。

今後の予定はひとまず
・コミティア113
・第三回文学フリマ大阪(抽選大丈夫かな…)
になりそうです。基本的に文フリは年二回の参加で固定になると思います。