龍の髭 春秋梅菊のブログ
中国のあらゆる時代を舞台に、オールジャンルで小説を書いています。 一人でも多くの方に中国小説を好きになっていただければ幸いです!
遅まきながら

昨年度末は一年の振り返りを書かなかったし、年が明けても抱負みたいなことを書いていなかったので、遅まきながら自分のためにこのタイミングで書いておきます。

今年は例年通り、文学フリマ二回(東京・大阪)と夏コミティアに参加。コミケとテキレボは前回試しで参加したけれど、あんまり計画的な感じで動けなかったので、やっぱり数は抑えた方がいいと思った。出ればいいってもんじゃないですよホント。
それより作品の流通経路を増やしたいので、今年は通販にでも手を出してみようかと検討中。
あとは小説賞に応募。これも例年通りね。
それと短編小説集だけど、これまで三編収録だったのを五~六編収録で安定させていきたい。五月には古典小説便覧の続編、近代小説便覧を刊行予定。それと侠女列伝の資料集め。
ブログ更新は、三国志演義を年内に八十回くらいまで進めたい。千紫万紅も、詩とか人物史の項目作りたいんだけどな。
あと、Twitter。始めてから一年半くらいになったけど、殆ど宣伝にしか使ってない。最近ようやく思ったことを気ままに書くようになったけど、たかだか140字じゃ言いたいことをろくに書けないし、あんまり自分向きのツールじゃないなと思ってる。かといってきちんと宣伝の役割を果たせてるかと言えば、それも微妙だし。まああともう一年くらいやってれば落ち着くだろう。

大体こんな感じ。とりあえず、去年できなかったことをやっていこう。


スポンサーサイト
三国志演義 第二十八回
第二十八回 涙の…再開ッ…!
[READ MORE...]
三国志演義 第二十七回
第二十七回 兄を訪ねて五関を突破
[READ MORE...]
三国志演義 第二十六回
第二十六回 関羽「もう帰っていいスかね?」
[READ MORE...]
三国志演義 第二十五回
第二十五回 関羽「くっ、殺せ!」曹操「フッフッフ…そうはいかん」
[READ MORE...]
三国志演義 第二十四回
第二十四回 勝敗は風が知っている
[READ MORE...]
三国志演義 第二十三回
第二十三回 YOUも同盟しちゃいなYO!
[READ MORE...]
第六回 Text Revolutions 参加告知

10月28日開催の第6回Text Revolutionsに参加するので告知させていただきます。
今年最後の参加イベントになります。

text.png


頒布作品
第五回大阪文学フリマと同様のラインナップです。

 「鳳求凰 中国短編小説集 六」
頒布価格 ¥500‐
新装版

古代中国から日中戦争期まで! 様々な時代の短編を六作品収録しています。
「天下を掴む者(秦代)」
…天下統一が目前に迫る中、他人を蹴落として出世してきた李斯と、猜疑心の強い秦王政の関係も緊張の極みに達していた。
「漢王朝の子孫(五胡十六国時代・成漢)」
…晋の崩壊で各地に群雄が割拠した。そんな中、成漢という国にはかの劉備の子孫がひっそり暮らしていて…。
「小さい煩妹(元代)」
…幼い煩妹は、突然村にやってきた蒙古軍によって、孤児となってしまう。過去短編集の再録作品です。
「挙人の運命(明代)」
…初めて上京し、科挙試験を受けた二人の若者は、それぞれ全く違う末路を迎えることに。
「変法の変事(清末)」
…国家の危機に変法運動を唱える先進的な官僚層。若き光緒帝によって改革は始まるが、その実態は…?
「恩と血(日中戦争期)」
…中国人と日本人の間に生まれた娘の「わたし」は、否応無しに戦争と民族の問題に直面してしまう。

「中国古典妓女列伝」
頒布価格¥1,000‐
販促用_web

前作「中国古典侍女列伝」に続き、今回は妓女の特集本です! 趙飛燕、貂蝉、蘇小小……。中国における有名な妓女の紹介を始め、妓女の歴史や習俗などを詳しくご紹介。あなたもきっと中国古典が読みたくなるハズ!
試し読みページはコチラ
http://ryunohige5884.blog.fc2.com/blog-entry-273.html

その他、一部既刊も取り揃えてあります。
それでは皆様、イベント当日にお会いしましょう!
三国志演義 第二十二回
第二十二回 頭痛にネガキャン文書
[READ MORE...]
三国志演義 第二十一回
第二十一回 英雄トーク!
[READ MORE...]


プロフィール

春秋梅菊

Author:春秋梅菊
春秋梅菊と申します。
中国のあらゆる時代を舞台に、オールジャンルで小説創作をしています。
中国小説が好き、という方は是非お立ち寄りください。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR